『日本一無口な講演会』in愛媛・西条【櫻2】

『日本一無口な講演会』in愛媛・西条【櫻2】

脳梗塞により重い障害を持つことになった『表現者・たけ』。

しゃべることができなくなってしまった彼だけど、だからこそ毎日が奇跡の連続だと気づくことができた。
そこにはいつも「ありがとう」という言葉がある。

「ありがとう」という言葉が持つ、不思議で素晴らしい力。
しゃべれない男の『日本一無口な講演会』。

愛媛・西条で開催致します!!

開催日 2020年9月5日(土)
時間 15:00~ (1時間半予定)
開場 14:30
閉場 17:00予定
場所 櫻2(さくらさくら)
料金・参加費 3,000円
Zoomでの参加は1,000円
定員 35人
(Zoomでの参加は100人)
主催者 櫻2
お問い合わせ Facebookイベントページよりお問い合わせください
お申し込み サイトから申し込む(会場参加用)
サイトから申し込む(Zoom参加用)
メール
リンク ホームページ・公式サイト
「Facebook」イベントページ
突然の脳梗塞で大切なものを失った「たけ」。しかし、そこから彼の”表現者”としての道が開かれた。

2001年10月。
突然の脳梗塞で倒れ、48時間後に救出されたものの、言語障害、聴覚障害、右手麻痺、失語症という重い後遺症を残す。

かつては京都の地元バンド「たけかめ」のヴォーカルとギターを担当。
ライブ活動を行い、CDの売り上げも伸ばしていた彼だが、この病気は音楽を聴く耳、歌を歌う声、ギターを弾く右手、そして詩を考える言葉という「たけ」にとって最も大事なものを、わざわざ選ぶようにして持ち去ってしまった。

「もう、死んだ方がましだ」という絶望が繰り返し襲った。
しかし、以前から知っていた宇宙学の詩「与えられたことを感謝して受けよ」を実践しようと、この障害に「ありがとう」と思い続けた。

「ほんまにムリヤリ感謝した」と彼は言う。
すると発病して2ヶ月経ったある日、残った左手で絵が描けることを発見。
これが絵と詩を表現し始める「表現者たけ」の誕生でした。

そして、発病して半年後、まだリハビリ病院に入院中にもかかわらず、京都の中心街で路上販売(ストリート)をし始めた。

売上げは徐々に伸びていき、やがて彼の作品はプロの目にとまる。
高島屋京都店、高島屋大阪店での個展をはじめ、新聞やテレビ、雑誌などメディア取材も相次ぐ。

2003年6月にはフジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』に出演し、同年10月には飛鳥新社より初の著書『ほっこり生きよう』を上梓し、「たけ」の生き方に共鳴する新たなファンを獲得した。

「ありがとう」が持つ不思議な力をみんなに知ってほしい。しゃべれない彼だからこその『日本一無口な講演会』。

大病を患い、しゃべることができなくなった「たけ」さん。
しかし、彼は『日本一無口な講演会』と題し、日本全国で講演会を行っている。
講演会では「ありがとうのパワー」について講演を行っており、「ありがとう」という言葉が持つ不思議な力について、体験談を交えて講演を行っている。

苦しい時こそありがとうとか、ピンチの時こそありがとうとか、 幸せは気付くものとか、投げたもの(コトバも)自分まで返ってくるとか誰かから教わらなかったら、 わかりにくいことです。
各種の障害と共在して生きてる「たけ」だからこそ、 生徒のみなさんや聞いてくれる方の心に残る話になると思います。

ありがとうのパワーを実際に見ることのできる写真や、 クイズなどスライドにして、わかりやすくお話をしていただきます。

会場の情報

櫻2(さくらさくら)

<写真>会場のアイキャッチ写真

<テンプレート>会場の「基本テンプレート」

会場の情報を見る

関連記事

  1. 参加型オンライン“3匹の子ぶた”英語劇

  2. 西山興隆寺(西条市)

  3. おひるねアート撮影会

  4. ラボ・パーティ 子ども英語体験会

  5. 1歳のお誕生日に!ケーキスマッシュ撮影会

  6. 樹脂粘土でパンマグネットをつくろう!

  7. 「飛べ! 昆虫グライダー 解け!昆虫紙パズル」

  8. Son’message MAYA出張セッション

  9. ヒーリングのスペシャリストが集結!第2回スマイルヒーリングコレクション

  10. おひるねアート 8月記念日撮影会inあぷりこっと

  11. シーパMAKOTOリニューアル 夏まつり

  12. アンパンマン列車模型展

  13. ガラスペイントでオリジナル小瓶をつくろう!

  14. 大きなお花フィオーレ

  15. 特別展「かこさとし絵本展」